コチラを見つめる女性

どれだけ話し合っても解決することがない問題といえば、「風俗は浮気になるのか?」です。これは風俗という文化が出来た頃から話題となりますが、今となっても解決する様子は一行にありません。

ここでは、男の女の意見をそれぞれ取り上げ、風俗は浮気に相当するのかどうか考察していきます。

■風俗に対する男性の言い分
風俗に足を運ぶ男性の9割以上が「風俗は浮気にならない」と言います。その理由として、「気持ちはパートナーにあるから」、「お金を払って割り切っているから」と答える人が多いです。

つまり、多くの男性が風俗を「癒やしの場」であると思っているのでしょう。仕事はうまくいかない、家に帰っても嫁にいびられる、ストレスが溜まる一方だ。

そんな大人の男達を癒やしてくれるのが風俗であり、「風俗嬢」なのでしょう。自分では到底付き合えないような美しい女性が恋人のように優しく接し、性欲を満たしてくれるのです。

そう考えるだけでも、風俗は非常に魅力的であり、「現実を忘れる」ために必要なのかもしれません。それでも家族を愛することには変わりありません。

例え風俗を利用しても、それはあくまで「娯楽」や「ストレス解消」の一種であり、恋愛感情は抱いていない訳です。よって、「風俗は浮気ではない」と考える人が多いのでしょう。「本番さえしなければ浮気じゃない」という意見を主張する男性もいるくらいです。

■風俗に対する女性の言い分
「風俗に行っただけで浮気」と主張する女性は「非常に多い」です。例え本番行為をしなくても、キスやペッティングで浮気と判断します。

中にはそれくらいなら良いという女性もいますが、風俗嬢が男性の性器に触れた時点で、大半の女性が浮気と思うそうです。つまり、パートナーを持つ女性の大半が「風俗は浮気」と思っているのです。

具体的には、「男は風俗にハマってしまうから」、「風俗に行く男なんて信用できない」、「風俗で女にハマると浮気してしまうから」、「風俗に行った手で触れて欲しくない」といった意見が挙げられました。

これらの意見を主張した人は全体の「8割」であり、残り2割は「風俗が浮気なら俳優に恋をするのも浮気だろ」、「女性がホストに行くのも浮気だろ」、「行ってもいいけど隠れて行って欲しい」、「気がつかなければ別に行ってもいい」とったものが多かったです。

池畔の女性が風俗を否定する反面、男性の考えを理解してあげる女性も少なからずいるようでした。